無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

ウェブページ

カテゴリー「育毛用語一覧」の1件の記事

2012年5月15日 (火)

育毛用語一覧

*抜け毛
抜け毛とは、毛が皮膚から抜けた状態の物です。
抜け毛には主にヘアサイクル(毛周期)によって自然に抜けた自然脱毛と、脱毛症が原因で抜けた異常脱毛に分けられます。平均1日に抜ける毛髪の本数は60~100本ぐらいだと言われています。シャンプー時、または枕元に落ちた毛髪など全部で合わせてこの数字が自然脱毛です。これ以上の抜け毛が数日続けば、生えてくる毛髪よりも抜け落ちる毛髪の方が多くなり、いずれボリュームが無くなり、地肌が透けて見えるなど目に見えた実感を感じるようになります。
春と秋は自然脱毛が多く発生する時期です。この時期の抜け毛はあまり気にすることはありません。
ただし、この時期を過ぎても異常に抜け毛がある場合は、身体の血行不良とか冷え、何らかの原因で毛髪まで栄養が届かずに栄養不良になって異常脱毛が始まっている可能性がありますので、要注意です。

*発毛
発毛とは、頭皮を改善して髪の毛を新しく増やすことを発毛といいます。
また、毛髪が生える環境を整え毛を新しく生やすことを発毛といいます。
毛量を増加するのではなく、髪を太く長く成長させることで髪の密度を増加させ、 薄毛などを目立たなくすることが発毛です。

*育毛
育毛とは、抜け毛を防止し、地道に髪を育て、髪を増やす(髪を育てる)ことを育毛といいます。
正しいシャンプー法や規則正しい生活を心掛け、頭皮や髪の環境を整え、健康に保つことで抜け毛を防止しましょう。そして、ハリ・ツヤ・コシのある強い髪に育毛しましょう。

*円形脱毛症
円形脱毛症とは、円形の境目がはっきりした脱毛斑が発生し、次第に拡大していく症状のことをいいます。
ある日突然、頭髪が抜けてしまうといった症状が円形脱毛症の特徴です。
一般的には、10円玉くらいの大きさで毛髪が抜けるといわれていますが、円形脱毛症の症状はさまざまで、円形の脱毛巣がひとつできるケースから、頭髪全体が抜けるケース、さらに眉毛、まつ毛、陰毛や体毛など、全身の毛が抜けるケースもあります。原因もアレルギー、 精神的なストレス、自己免疫疾患、ウイルス感染など様々です。まずは、発症したらとにかく皮膚科に行くことをおすすめします。

*毛乳頭
毛球の先が内側に凹んだ部分にある組織のこと。
髪の成長に必要な栄養素や酵素を、「毛母細胞」に送り出し指示を出す役割を果たしています。

*毛母細胞
毛乳頭周辺の細胞組織のこと。毛乳頭から栄養素や酸素を受けとり、何度も細胞分裂することで髪の毛をつくりだします。

*基底細胞
立方体~円柱状の細胞であり、塩基性に濃染する細胞質とクロマチンに富む楕円形の核を持ちます。
表皮を構成する細胞の4層構造のうちの1つです。これが分裂し、娘細胞が生まれて表皮表面で脱落するまでの
時間をターンオーバー時間と呼び、約1カ月ぐらいといわれています。

*毛細血管
毛細血管(もうさいけっかん)は、動脈と静脈をつなぐ細い血管のことです。
組織細胞と物質をやりとりするため壁は薄く、1層の内皮細胞のみで構成されています。
動脈、静脈から無数に枝分かれし組織に網の目のようにはりめぐらされる。 直径5~10μmで、白血球、血漿等が血管細胞の隙間を通じて移動、ガス交換・栄養分・老廃物の運搬等を行います。

*角質細胞
皮膚の一番上にある角質を構成している細胞です。
薄板状の薄い細胞で、細胞膜が非常に厚く、ケラチンと呼ばれる繊維状蛋白質を主成分に構成されています。
細胞の機能に必要な核、及び細胞小器官がないので、細胞としては死んでいる状態です。
体の外からの異物や外刺激から皮膚を守る働きを持っています。

*頭皮細胞
頭の皮膚を構成する細胞群のこと。
皮膚は、表皮、真皮、皮下組織から構成され、表皮は、表面から「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4つの層
に分かれます。
紹介

*角化細胞(ケラチノサイト)
角化細胞(ケラチノサイト)は、皮膚を構成する主要な細胞のひとつです。
角化細胞(ケラチノサイト)は、基底層の幹細胞に由来し、表皮の角化を司る細胞です。
この角化細胞(ケラチノサイト)は、表皮最下層の基底細胞層で生成され、細胞分裂して約2週間で角片(アカ)となって剥脱します。例えば、「汚れがたまり皮膚が厚くなる」という状態もこの角化細胞(ケラチノサイト)が原因です。
角化細胞(ケラチノサイト)は表皮の約80%を占めていて、皮膚の水分保持やバリア機能を維持するための重要な役割を果しています。また、他の免疫細胞を活性化させるなど免疫応答や炎症反応にも重要な役割を担っているのです。


*色素細胞(メラノサイト)
表皮最下層の基底細胞間に介在しているもので、メラニンをつくり出している細胞です。
髪の毛の色にも深い関係がある細胞です。加齢などによって色素細胞(メラノサイト)の働きが弱くなってしまったり、少なくなってしまったりすると、髪を黒くするメラニンが作られなくなってしまうため、それが原因で白髪にってしまうということが言われています。


*毛幹部
毛幹(もうかん)とは、皮膚表面にでている毛の部分のことを指します。