無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

ウェブページ

カテゴリー「育毛用語一覧 カ行」の5件の記事

2012年6月21日 (木)

髪の毛のコシ

*コシ(コシがある髪とは)

コシとは、弾力性のある毛髪をさす時に使います。

健康な髪は、縮んでも元に戻る性質があり、一般的に5%程度伸ばしても大丈夫とされています。5%伸ばして切れてしまうようならば、間充物質が少ない、ダメージがひどい「不健康な髪」といえます。髪の弾力の強さは、ヘアスタイルにも関係していて、いつもひっぱるようなヘアスタイルをしていると間充物質が伸びきって弾力が失われ、髪のコシ・ハリがなくなってしまいます。

2012年5月15日 (火)

毛孔

*毛孔・毛穴(けあな)

毛孔とは、皮膚表面の毛の生える小さな穴のことです。一般的に「毛穴」と呼ばれています。

洗髪で、丁寧にすすぎができていなく、シャンプー剤が頭皮に残っていたり、爪などで頭皮をゴシゴシ擦ったりしすぎで、頭皮を傷つけたりすると、頭皮の毛孔(毛穴)を詰まらせ、トラブルの原因を引き起こします。

正しい洗髪方法と自分にあった育毛シャンプーで、頭皮の毛孔(毛穴)と毛髪を洗髪することで頭皮を清潔に保つことが大切です。

外毛根鞘

*毛球の【外毛根鞘(がいもうこんしょう)】

一層の細胞層で、毛球から毛包の全長に存在し。表皮に以降します。毛隆起の外毛根鞘には、角化細胞と色素細胞幹細胞があり、毛の毛周期に重要な働きをします。

毛球部

*毛球部(けきゅうぶ)

毛球は、毛根部の下部にあり、球根状の膨らみをもっており、毛球部の底は凹んでおり、その中央には毛乳頭が入り込んでいます。この毛乳頭には、豊富な血管があり毛髪を成長させる栄養分や酸素が運ばれてきます。
毛乳頭から、栄養分や酸素を毛乳頭の周りに存在する毛母細胞が受けて、分裂・増殖を繰り返し髪を育てます。髪の毛の色を決めるメラニンもこの毛母細胞の中で作られています。

毛球部の【外毛根鞘(がいもうこんしょう)】

一層の細胞層で、毛球から毛包の全長に存在し。表皮に以降します。毛隆起の外毛根鞘には、角化細胞と色素細胞幹細胞があり、毛の毛周期に重要な働きをします。

毛球部の【内毛根鞘(ないもうこんしょう)】

外毛根鞘との毛母の間にあり、外毛根鞘が毛球部から存在するのに対し、内毛根鞘は毛ができてくる付近からできてきます。

毛球部の【毛母】

毛球の主成分です。毛母細胞と色素細胞からできています。

髪の構造用語集

*毛幹部

毛幹(もうかん)とは、皮膚表面にでている毛の部分のことを指します。

*毛根部

毛包につつまれている「毛根部」は、、皮膚表面からでは見えない部分の毛髪のことで、毛乳頭などもある毛球部も含まれます。自然脱毛により抜けた髪の毛は、毛根部の下部がマッチ棒のように丸く膨らんでいます。白っぽいものが付着している
場合もあります。髪の毛の太さはほぼ均一でしっかりしているのが特徴なので、その場合は心配いりません。
しかし、異常脱毛により抜けた髪の毛は、毛根部が先細り状態になっていたり、髪の毛の太さが均一でなく、先のほうが細くなっていたり歪んでいる状態の場合は、皮脂が過剰に分泌して、それが付着したケースですので、脱毛症のサインであると言えます。

*毛球部

毛球は、毛根部の下部にあり球根状の膨らみをもっており、毛球部の底は凹んでおり、その中央には毛乳頭が入り込んでいます。この毛乳頭には、豊富な血管があり毛髪を成長させる栄養分や酸素が運ばれてきます。
毛乳頭から、栄養分や酸素を毛乳頭の周りに存在する毛母細胞が受けて、分裂・増殖を繰り返し髪を育てます。髪の毛の色を決めるメラニンもこの毛母細胞の中で作られています。

毛球部の【外毛根鞘(がいもうこんしょう)】

一層の細胞層で、毛球から毛包の全長に存在し。表皮に以降します。毛隆起の外毛根鞘には、角化細胞と色素細胞幹細胞があり、毛の毛周期に重要な働きをします。

毛球部の【内毛根鞘(ないもうこんしょう)】

外毛根鞘との毛母の間にあり、外毛根鞘が毛球部から存在するのに対し、内毛根鞘は毛ができてくる付近からできてきます。

毛球部の【毛母】

毛球の主成分です。毛母細胞と色素細胞からできています。


*毛包

毛包は皮膚の中で毛髪を支え、毛髪を産み出している重要な部分です。
これは、生まれる前の胎生期に表皮の一部が分化して形成されます。

*毛孔

毛孔とは、一般的に毛穴と呼ばれています。
洗髪で、丁寧にすすぎができていなく、シャンプー剤が頭皮に残っていたり、爪などで頭皮や頭皮の毛穴(毛孔)をゴシゴシ擦ったりしすぎで、頭皮を傷つけたりすると、毛穴を詰まらせ、トラブルの原因を引き起こします。
正しい洗髪方法と自分にあった育毛シャンプーで、頭皮の毛穴(毛孔)と毛髪を洗髪することで頭皮を清潔に保つことが大切です。