無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

ウェブページ

« ビオチン(ビタミンH) | トップページ | ローヤルゼリーエキス »

2012年6月15日 (金)

ペンタデカン酸グリセリド

*ペンタデカン酸グリセリド

ペンタデカン酸グリセリド(PDG)は、休止期の毛乳頭や毛母細胞に直接働きかけて毛乳頭と毛母細胞を活性化し、発毛、育毛を促進させる成分です。
発毛、育毛剤の主流である、頭皮の毛細血管を拡張するものや、男性ホルモンの働きを阻害するものとは異なります。
毛乳頭や毛母細胞のエネルギーは、成長期には豊富ですが、休止期に入ると減少します。ペンタデカン酸グリセリドは、その休止期にある毛乳頭毛乳頭や毛母細胞に積極的に働きかけ発毛を促そうという成分なのです。つまり、休止期を短くして、成長期を長くさせるための成分です。
髪の発毛時の毛乳頭の周囲には、アデノシン三リン酸(ATP)という物質が増加することが分かっています。このアデノシン三リン酸の増加を働きかける成分がペンタデカン酸グリセリドなのです。
ペンタデカン酸グリセリドは開発当初、眠ったままの毛乳頭に積極的に働きかける成分として世界的な注目を集めました。

・アデノシン三リン酸(ATP)・・・生命をもった人間・動物・植物・微生物(殺菌)が生きていくのに欠かせないエネルギーのひとつです。筋肉にも含まれており、ATPが分解して無機リン酸を放出し、ADP(アデノシン二リン酸)に変わる時に発生するエネルギーを使って筋肉を動かします。

« ビオチン(ビタミンH) | トップページ | ローヤルゼリーエキス »

育毛成分一覧 ハ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1684076/45662826

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタデカン酸グリセリド:

« ビオチン(ビタミンH) | トップページ | ローヤルゼリーエキス »