無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

ウェブページ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年6月

2012年6月21日 (木)

髪の毛のハリ

*ハリ(ハリのある髪とは)

ハリのある肌とは、指で押したときに肌がピンと張っている感じ、肌がぷっくり元に戻りやすい、などなどでしょうか?
ハリのある肌にするには、一般的にはコラーゲンが重要と言われています。コラーゲンは分子がかなり大きいので、塗布しても皮膚の奥まで浸透しにくいです。食べて摂取するのが良いです。
コラーゲンを多く含む食品(動物性たんぱく質など)を食べるか、サプリメントを飲むか、などが有効だと思いますよ。

「コシ・ハリがない髪」と聞いて、どんな髪を思い浮かべるでしょうか。多くの方は、「細い」「やわらかい」「ネコっ毛」といった髪の毛を想像されることと思います。確かに、細くてやわらかい髪は、コシ・ハリがなく、髪がやせた状態です。

では、「コシ・ハリがある髪」とは、「髪が太い」ということだけなのでしょうか。実は、それだけではないのです。例えば、子どもの髪は大人の髪より細いですが、しっかりしていて、「コシ・ハリ」があります。髪が傷んでいないバージンヘア、つまり、髪の表面を覆うキューティクルが整っていれば、髪の太さに関係なく「コシ・ハリがある」と言えるのです。髪が太くても、キューティクルがはがれている状態ですと、コシ・ハリはありません。

「コシ・ハリがある髪」とは、単に髪の太さだけをさすものではないのです。

髪のコシ・ハリがなくなる原因

髪のコシ・ハリがなくなる「髪やせ」の原因については、次のようなことが考えられます。
1.加齢
加齢により毛母細胞の機能が低下していくと、細くて産毛のような髪しか生まれなくなります。

2.血行不良
頭皮の血行不良が続くと、毛母細胞に栄養が行き届かず、細くて元気がない毛髪になってしまいます。

3.エストロゲンの減少
エストロゲンは、毛髪の発達に関係する女性ホルモン。エストロゲンが減少すると、毛髪の発達が遅くなり、薄毛につながります。

4.脱毛ホルモンの影響
脱毛ホルモン(デヒドロテストステロン)の影響で、毛母細胞での髪の生長を妨げられ、脱毛してしまう。
※ただし、脱毛ホルモンは男性ホルモンにより生成されるので、女性はあまり影響は受けません。

5.誤ったヘアケア
誤ったヘアケアにより、毛髪が細くなったり、キューティクルや頭皮が傷ついたりしてしまいます。

髪のコシ・ハリが失われ、そのまま対処しないで放っておくと、髪はやせてボリュームがなくなり、やがては薄毛につながってしまうことも!

髪の毛のコシ

*コシ(コシがある髪とは)

コシとは、弾力性のある毛髪をさす時に使います。

健康な髪は、縮んでも元に戻る性質があり、一般的に5%程度伸ばしても大丈夫とされています。5%伸ばして切れてしまうようならば、間充物質が少ない、ダメージがひどい「不健康な髪」といえます。髪の弾力の強さは、ヘアスタイルにも関係していて、いつもひっぱるようなヘアスタイルをしていると間充物質が伸びきって弾力が失われ、髪のコシ・ハリがなくなってしまいます。

2012年6月18日 (月)

ローヤルゼリーエキス

*ローヤルゼリーエキス

ローヤルゼリーエキスは、働きバチが分泌するローヤルゼリーから抽出して得られるエキスです。

ローヤルゼリーエキスは栄養価がきわめて高く、タンパク質・ビタミン・ミネラル・炭水化物・脂質などがバランスよく含まれています。
新陳代謝を活発にする類パロチン、肌の老化を抑えるパントテン酸、皮脂分泌を調整したり、コラーゲンやエラスチンの生成を手伝ってハリと弾力のあるみずみずしい肌をつくるデセン酸など細胞活性化成分や栄養素を多く含んでいるのです。

シミ、ソバカス、小じわを防ぎ、肌の保湿性も高め、また抗菌作用も持つ優れた化粧品成分です。

主にスキンケア製品に配合されていますが、育毛 成分としても効果が期待できます。

2012年6月15日 (金)

ペンタデカン酸グリセリド

*ペンタデカン酸グリセリド

ペンタデカン酸グリセリド(PDG)は、休止期の毛乳頭や毛母細胞に直接働きかけて毛乳頭と毛母細胞を活性化し、発毛、育毛を促進させる成分です。
発毛、育毛剤の主流である、頭皮の毛細血管を拡張するものや、男性ホルモンの働きを阻害するものとは異なります。
毛乳頭や毛母細胞のエネルギーは、成長期には豊富ですが、休止期に入ると減少します。ペンタデカン酸グリセリドは、その休止期にある毛乳頭毛乳頭や毛母細胞に積極的に働きかけ発毛を促そうという成分なのです。つまり、休止期を短くして、成長期を長くさせるための成分です。
髪の発毛時の毛乳頭の周囲には、アデノシン三リン酸(ATP)という物質が増加することが分かっています。このアデノシン三リン酸の増加を働きかける成分がペンタデカン酸グリセリドなのです。
ペンタデカン酸グリセリドは開発当初、眠ったままの毛乳頭に積極的に働きかける成分として世界的な注目を集めました。

・アデノシン三リン酸(ATP)・・・生命をもった人間・動物・植物・微生物(殺菌)が生きていくのに欠かせないエネルギーのひとつです。筋肉にも含まれており、ATPが分解して無機リン酸を放出し、ADP(アデノシン二リン酸)に変わる時に発生するエネルギーを使って筋肉を動かします。

2012年6月13日 (水)

ビオチン(ビタミンH)

*ビオチン(ビタミンH)

ビオチンの成分は、肌荒れ、脱毛、疲労回復に効果や効能があります。

ビオチンは必須脂肪酸のひとつである「γリノレン酸」を作り出し、消炎作用を高めて炎症を抑制する効果があります。

体内で、必須脂肪酸のひとつである「γリノレン酸」を作り出す「ビオチン」は、善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)が作り出す遊離型ビオチン(L-ビオチンやL型ビオチンと呼ばれています。)のみで、善玉菌の不足がビオチンの不足に直結する仕組みとなっており、ビオチンの不足で炎症体質が起こることを考えると、アトピー性皮膚炎や頭皮炎症など、炎症体質においてビオチン不足は重大な問題になります。

ビオチン不足によって、皮膚形成が低くなり、炎症がひどくなる場合があります。
ビオチンを補給すると皮膚の炎症は改善されるそうです。

また、ビオチンは皮膚の規程細胞に存在する毛細血管を広くすることで血流を促進し、肌の代謝を高め、肌荒れ改善、皮膚細胞の活性化が期待できます。

安全に使えることもビオチンの利点で、一世紀以上前から皮膚の症状に対して使われています。

しかし、ビオチンは食品から取り入れることができません。

食品中に存在するビオチンは「非遊離型ビオチン」といって体内で使われないタイプのビオチンです。体内で使われないだけで、害はありません。

腸の中で善玉菌が作る、健康のためや抗炎症に必要なビオチンは「遊離型ビオチン」といって体内で使うことができるビオチンです。
つまり、頭皮炎症・頭皮に何かしらのトラブルが発生している人・炎症体質の人は、善玉菌が不足し、ビオチンが不足して、外的刺激を受けやすくなっているのです。

アメリカの研究ではビオチン不足による炎症体質の可能性は40~50%位とされています。
研究によっては、ビオチンの腸での生成が足りている人にはサプリメントは不要であるとの意見もあります。3ヶ月~6ヶ月はサプリメントを摂取し、どのような効果があるかを確認してください。

2012年6月 8日 (金)

チクセツニンジンエキス

*チクセツニンジンエキス

トチバニンジンの根茎から抽出したエキスです。
毛乳頭細胞を刺激し、毛母細胞を活性化させます。
山林の日陰に自生する多年草で、葉や花はヤクヨウニンジンに似ています。
根が竹の節状で長く伸び、その根を健胃・解熱・去痰・強壮に用いられます。

酢酸トコフェロール(酢酸d-α-トコフェロール/酢酸dl-α-トコフェロール)

*酢酸トコフェロール(すさん)

α-トコフェロールを酢酸エステル化して得られる合成ビタミンEです。

水に溶けず、植物オイルなどには溶ける性質があります。
黄色の透明な粘性の液で、ほぼ無臭です。

皮膚に存在する酵素なので、身体の中でビタミンEのトコフェロールに変化します。

トコフェロールの数種類の仲間のうちの一つで、特徴や作用は成分によって若干違ってきますが、皮膚細胞(毛母細胞)活性作用、抹消血管拡張作用、血行促進作用があるため、肌あれ、日焼けによるしみ・そばかす、にきび、ふけ、脱毛を防止する目的で化粧品に配合されています。
また、しもやけ、ひび、あかぎれなどの治療用外用剤にも配合されています。

主に酸化防止剤、皮膚コンディショニング剤などとして、スキンローションやベビーローション、ハンドクリーム、薬用化粧品、デオドラント、口紅、ヘアトニック、育毛剤などに配合されています。

酢酸トコフェロールは過剰に使うと、食欲不振などの副作用がでるため、表示指定成分になっています。

しかし、大豆、胚芽米などの食品にも含まれているものなので、安全性が確認されている成分で目薬などにも配合されています。

酢酸トコフェロールは、サプリメントとして、月経不順や更年期障害、肩こりやしびれ、冷え症などの改善、更年期以降のビタミンの補給にもオススメです。

また、酢酸トコフェロールは肌の脂質で吸収されやすくなっていて、血管を拡張する働きをします。

炎症を抑え、肌荒れやニキビにも効果的で、アンチエイジングのほかシミやそばかす、くすみを防ぐ効果も期待できます。

酢酸トコフェロールは、抗炎症作用と血管拡張効果、細胞活性化作用があるので、ステロイドとあわせてアトピーの治療に用いられることもあります。

病院で肌に合った成分を処方してもらうとさらに効果的だといえるでしょう。

2012年6月 7日 (木)

壮年性脱毛症

*壮年性脱毛症(そうねんせいだつもうしょう)

壮年性脱毛症とは、若い年代から壮年期までゆっくりハゲていく、遺伝性の薄毛または抜け毛の症状のことをいいます。男性ホルモンが髪に与える影響を親から受け継がれている可能性が高いようです。

壮年性脱毛症とは、いわゆる「若ハゲ」といわれることが多く、男性 薄毛の場合は、約9割が壮年性脱毛症といわれています。
症状の種類も多数で、女性にも見られます。女性の場合は、全体的に薄毛になり、地肌が見えてくるといったパターンです。

壮年性脱毛症は、男性型脱毛症(AGA)のことを指しますが、若ハゲで悩む患者は日本全国で1000万人以上いるといわれています。

壮年性脱毛症の特徴としておでこあたりの生え際からハゲていき、後頭部に向かって後退していくパターン、後頭部から前頭部に向かってハゲていくパターンなどがあります。
ふつう、頭皮は2~7年程度をかけて太くしっかりと成長しますが、壮年性脱毛症の方はその成長期が短いため、細く短い毛になってしまうのです。

<一般的な、壮年性脱毛症の種類と症状>

1、全体が薄くなる。(全体に毛量が減っていきますが、進行具合はゆっくり進行します。)

2、おでこあたりの生え際、頭頂部から後頭部に向かって薄毛になる。
 (前頭部、後頭部から後ろに向かってハゲいき、側頭部のみに髪の毛が残る。)

3、頭頂からM字型に薄毛になる。(M字型ハゲ)
 (剃り込み部分からだんだんとM字型に薄くなっていきます。)

4、頭頂部からM字型になるに加え、ソリコミ部分も薄毛になる。(M字型ハゲ)
 (前頭部と頭頂部からM字型に薄毛になる。)

5、おでこ上の分け目の中心から後頭部にむかって薄毛になる。
 (生え際からだんだんと後退していく)

6、頭頂部から円形に広がり薄毛になる。(いわゆる円形脱毛症で、本人が気づきにくい。)

<壮年性脱毛症の治療方法>

壮年性脱毛症の治療方法は、育毛剤、飲む育毛剤、自毛移植などがあります。医師の処方がひつようなもものもありますので使用には注意が必要です。

壮年性脱毛症の治療1つは、発毛を促す「ミノキシジル」を使い血行を促進させ、毛乳頭を促進し、発毛を促す方法です。
これはもともと高血圧などの治療目的にしようされていたものなので医師との相談なくしては危険なので注意してください。

壮年性脱毛症の治療2つ目は、毛穴を防ぎ、発毛を邪魔し、頭皮に悪影響を及ぼします、脂性(あぶらしょう)や、毛穴を防ぎ、発毛を邪魔する「フケ性」などの原因である頭皮の脂(あぶら)を除去し、フケが出ないように頭皮の状態をキレイに保つ方法です。

壮年性脱毛症の治療3つ目は、外からの治療と、内からの治療(内服薬)です。飲む育毛剤と言われるプロペシアなどがあります。

壮年性脱毛症の治療4つ目は、薄くなった前頭部の髪の毛ではなく、後頭部の毛根aaごと髪がなくなった部分に植毛すると言う方法です。

2012年6月 6日 (水)

フケ

*フケ

頭皮の角質細胞のアカのことをフケといいます。
頭皮の角質細胞のアカ(フケ)は、体につく汚れ(アカ)と同じように、新陳代謝によって古くなった角質細胞が剥がれ落ちたものです。
頭皮も新しい細胞が生まれてから古い細胞が剥がれ落ちる、この繰り返しのサイクルを普通は1ヶ月から1ヶ月半くらいで行われていますが、それが早くなればなるほどにフケの発生する量が多くなります。そのため、フケが目立ってしまうというわけです。
フケに悩む人の中には、このターンオーバーのサイクルが2週間という短い人もいて、頭皮環境が最悪な人がたくさんいます。
何故、頭皮の角質細胞サイクルは、早くなるのでしょうか。
実のところ、フケを引き起こす要因は人によって様々で、その全てが解明されているわけではありません。
頭皮の角質細胞、フケは、生活習慣・食事が不規則になったり、ストレスが溜まってしまうことや、寝不足等が続いたり、使用しているシャンプーやリンス、石鹸や化粧品が肌にあっていなかったり、使い方を間違っていたり、現代社会を取り巻くあらゆる環境が頭皮の新陳代謝やターンオーバーのサイクルにも影響を与えていると言われています。
さらに最近では、頭皮の角質細胞の研究でカビ(真菌)とフケには深い関係があると明らかにされ、注目されています。

S-1無添加シャンプー

*S-1無添加シャンプー(S-1むてんかしゃんぷー)

S-1無添加シャンプーは、自然派・無添加化粧品、バイオ技術を特徴とする株式会社サラヴィオ化粧品のS-1無添加シャンプーです。

S-1無添加シャンプーは、女性育毛シャンプーランキングでも上位を獲得しています。
育毛剤の口コミで大人気沸騰中!!1位を継続独占中!!の「育毛ミストM-1」シリーズから 生まれた育毛シャンプー で、頭皮の専門家が開発した頭皮ケア専用のシャンプーです。

S-1無添加シャンプーは、頭皮や髪にいいといわれているアミノ酸系シャンプーの中でも、最高級シルクアミノ酸配合で無添加・無着色・無香料なところが魅力です。

本当に安心安全をモットウに、頭皮のことを一番に考えて作られた、環境にも優しい、頭皮にも優しいシャンプーです。

育毛ミストM-1

*育毛ミストM-1(いくもうみすとM-1)

育毛ミストM-1は、自然派・無添加化粧品、バイオ技術を特徴とする株式会社サラヴィオ化粧品の大人気売上NO.1商品です。

育毛ミストM-1は、育毛剤口コミ・育毛剤人気・育毛剤比較など育毛剤ネットランキングにおいて1位を独占中のです。

・効果と即効性に絶対の自信を持つ育毛ミスト「M-1」では、製品到着後、1カ月間(30日以内)ご使用頂いて、もし満足できなければ全額返金制度を採用している人気No.1の育毛剤です。
・たっぷり2ヶ月分の200mlを、特別価格の18%OFFにてご提供しています。
・効果がないなら全額返金できるし、育毛剤だとバレにくいパッケージだから、男女を問わず、誰でも気軽にお試しいただけます。
・べたつかないし、臭いが全くしない!無臭!
・刺激性や毒性についての米国安全性試験に合格しています。
・酵素研究40年の歴史があり、酵素の分野で世界トップクラスの技術を駆使した 分子ピーリング(分子レベルで・頭皮や毛穴の奥の汚れを落とす)方法で、頭皮のピーリングを行い、育毛を阻害してきた毛穴の奥の老廃物をスッキリ取り除いてくれるのです。

分子ピーリング・・・分子レベルで頭皮を傷つけることなく、お肌にたまった古い角質や老廃物を取り除く「お肌のお掃除」する作用のことをいいます。

・細胞生物学、分子生物学、ウィルス学が専門の博士達が推薦しています。
・天然成分のみを使っているので副作用の心配がありません。完全無添加100%です。
・植物が育つほど安全です。
・容器はスプレータイプで、付けたいところにダイレクトにプッシュできます。
・送料無料、男女兼用。

頭皮の脂分が多いと抜け毛が増えます。しかし脂分の落としすぎはかえって皮脂を分泌させてしまうため良くないのですが、抜け毛を防止するには毛穴の奥の余分な皮脂をできるだけ落としたいところですよね。その点、「M-1育毛ミスト」は、丁寧にシャンプーしてもなかなか落ちにくい、毛穴の奥の奥の汚れまで落とせる、というところが魅力的です。
余分な皮脂を落としてあげると、栄養分が頭皮へ吸収されやすくなるので、発毛・育毛にも効果的で一石二鳥というわけです。
コストも手間も育毛ミストM-1とシャンプーだけでOKということです。気が楽ですよね。

育毛の基本は頭皮環境にありますから、頭皮に育毛剤(栄養剤)を浸透させるために、まずは、頭皮ケアを行うと良いでしょう。

2012年6月 5日 (火)

ミノキシジル

*ミノキシジル

血管拡張剤として開発された成分。後に発毛効果があるとされ発毛剤に転用されています。
毛包に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛作用を示します。

主な使用商品は、一般用医薬品として大正製薬からリアップ®シリーズが市販されています。日本以外ではRogaine(ロゲイン)®の商品名で売られています。

<ミノキシジルの副作用>
脱毛に対抗する薬なので、最も一般的な副作用は頭皮の痒みです。
ミノキシジルやロゲインなどの外用薬に含まれる基剤成分・プロピレングリコールに対するアレルギー反応がしばしば見られています。
また、多量のミノキシジルは低血圧の原因となる可能性があります。
さらに、日焼けした頭皮に使用する場合に見られがちですが、ワセリンやトレチノインと併用すると薬剤の過剰な吸収が起こりえることが知られています。
ミノキシジルの使用中は脱毛を止められるが、使用をやめると再び起こり始めます。
また、成分が母乳中に移行するため、リアップシリーズでは授乳する乳児がいる場合での使用は禁忌です。

他に、下記のような副作用が出る場合があります。十分注意し、症状が出た場合は即病院へ行きましょう。

薬液の使用箇所におけるニキビの発生
頭痛、意識朦朧
多毛症
性的不能
重い低血圧
不整脈、動悸
皮膚の紅潮
霞み目
手、足、顔のしびれや痛み
性欲減退
胸の痛み
急速な体重増加
下肢、手、足、顔のむくみ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年12月 »